鞘翅目 Жесткокрылые

 

学名:Carabus granulatus

通称:жужелица что-то()

性別:Самец(Male)

日時:14.09.2013

場所:Шуваловский парк

 

体サイズ、鞘翅に刻まれた点刻の模様がアカガネオサムシを連想させるが、ヨーロッパの特産種である(北アメリカに移入したらしいが)。アカガネオサムシよりもより銅らしい輝きを放っているのが特徴。

学名:Carabus granulatus

通称:жужелица что-то()

性別:Самец(Male)

日時:21.09.2013

場所:Шуваловский парк


公園内の倒木を崩すと中から本種が出てきた。いくつかの倒木を調べてみたが、結局この種類が2匹出てくるだけであった。生息密度は高くなさそうだ。

 

学名:

通称:オサムシの仲間

性別:

日時:14.09.2013

場所:Шуваловский парк

 

池沿いの散策路で潰れていたオサムシ。残念ではあるが、潰されていなかったら見つけられなかった可能性もあると考え、貴重な収穫としたい。

学名:

通称:ミズスマシの仲間

性別:

日時:14.09.2013

場所:Шуваловский парк

学名:Acilius japonics

通称:Полоскун бороздчатый(メススジゲンゴロウ)

性別:Самка(Female)

日時:14.09.2013

場所:Шуваловский парк

 

道路脇の水たまりで発見。

学名:

通称:テントウムシの仲間

性別:

日時:04.09.2013

場所:Улица шевченко(ワシリエフスキー島)

ロシアに来て初めて発見した甲虫。

学名:

通称:テントウムシの仲間

性別:

日時:14.09.2013

場所:Шуваловский парк

学名:

通称:ハムシの仲間

性別:

日時:15.09.2013

場所:Лахта