ペテルブルクの昆虫 Насекомые Петербурга

はじめに

「ロシアの昆虫」というジャンルは、日本の昆虫愛好家には無視されるもの、あるいは優先順位が低すぎるようで、ネットで調べても大した情報を得ることはできません(日本に近い沿岸州での情報は公開されてはいますが、ヨーロッパ側の情報については皆無に近い状況です)。

 

そんな中、私はサンクトペテルブルクでロシア語の語学研修を行う機会に恵まれました。これを利用して、ヨーロッパ側のロシアにはどんな昆虫が棲息しているのか、本業との優先順位が入れ替わらない程度にあちこち探しまわってきました。その成果を、ここで報告します。

 

また、ロシアでは昆虫だけでなく他の色々な生き物をも観察することができました。この成果についても重ねて報告します。

 

渡航日時:2013年9月3日~26日

渡航場所:サンクトペテルブルク市(ロシア連邦)

主な調査地点:

Шуваловский парк(Wikipediaへのリンクです)

・Лахта~Северное побережье невской губы(海岸地帯)

紹介する昆虫たち

太字の項目で紹介をしています。

  1. 蜻蛉目:4種
  2. 直翅目:2種
  3. 半翅目:1種
  4. 脈翅目:1種
  5. 鞘翅目:数種類(22.11.2013現在7種)
  6. 鱗翅目:4種
  7. 毛翅目:1種
  8. 双翅目:数種類
  9. 膜翅目:数種類(22.11.2013現在1種)

 

おまけ

  1. ロシアのガロアムシ(動物学博物館)
  2. 昆虫以外の生き物たち(無脊椎動物):4種
  3. カエル、リス、鳥:8種